FC2ブログ

be the change

ネット生保で働くなんちゃってトライアスリートが子どもたちと話したいこと

あきらめの悪さ

父さんの青春時代(ちょっと恥ずかしい表現だ)と共にあった、「スラムダンク」という伝説のマンガがある。

スラムダンク(wikipedia)

父さんが中学と高校の6年間打ち込んだ、バスケットボールについてのお話だ。

どのくらい流行ったかというと、中学入学時に学年120人のうち(一瞬だが)60名くらいがバスケ部に体験入部した…というくらいの影響力。正式入部してからも人数が多すぎて練習用のボールが足りず、1年生はひたすら体育館の外を走らされる…という具合だった。

具体的な内容はYとLがもうちょっと大きくなったら読んでもらうとして、今日はスラムダンクを貫く一つのテーマである「あきらめの悪さ」について話をしようと思う。

ちなみに、父さんは大学生の頃、友人2人とルームシェアをしていたのだけれど、何かショックなことがあったら(例えば、彼女にフラれたとか、彼女に別れを切り出されたとか、彼女に…(以下略))、とりあえず実家に帰ってスラムダンクを全巻一気に読み直して元気を取り戻していた。マンガの力ってスゴイ。

いきなり話がそれてしまった。

スラムダンクには安西監督という素敵なおじさんが出てくるのだけれど、彼の名言の一つにこういうものがある。

「あきらめたらそこで試合終了ですよ」

この日本のマンガ史に残る超有名なセリフ(※)、実はスラムダンクの中で2回登場する。

最初は、三井寿(湘北バスケ部が誇るスリーポイントシューター。元問題児。中学時代のトップ・プレイヤー。だったが、高校入学後ケガがきっかけでグレた)の回想シーン。中学時代の県大会決勝戦の途中、試合を諦めかけた三井に、試合会場に居合わせた安西監督がこの言葉をかける。(単行本第8巻)

「最後まで…希望を捨てちゃいかん。 あきらめたらそこで試合終了だよ」


2度目は、物語の後半、最強の相手である山王工業との試合の最中に、安西監督が得点差を広げられて意気消沈している湘北のメンバーにかけた言葉。(単行本第27巻)

「私だけかね・・・?まだ勝てると思っているのは・・・あきらめる? あきらめたらそこで試合終了ですよ?」

また、同じ試合の中で前述の(影響されやすい男)三井はこうも言っている。

「おう、俺は三井…あきらめの悪い男…」


また、似ている言葉で、「負けず嫌い」も重要なテーマとなっている。

「流川は一見ボーッとしているように見えても、中身はすっごい負けず嫌いなのよ」(湘北バスケ部マネージャーの彩子が流川を評して)

「負けず嫌いかなんかしらねーが、俺だって負けず嫌いじゃ負けねーぞ」(主人公の桜木花道)

「あんなになすすべなく抜かれてそのままにはできねーさ・・・負けず嫌いなんだあいつは キョクタンに!」(桜木の親友 水戸洋平が桜木を評して)

「ま…スポーツする者にとって負けず嫌いってのは大事だけどな…」(湘北バスケ部キャプテン 赤木剛憲)

「負けるよりはマシだ」(陵南戦で相手のエースを桜木と二人でマークすることなった流川楓の一言)


そして、著者である井上雄彦氏も「プロフェッショナル 仕事の流儀(NHK)」の中で、何度も「負けず嫌い」という言葉を口にしていた。(負けず嫌いは桜木と自分の最大公約数である…という趣旨のことも言っている)。


さて、解説が長くなってしまった。(やっぱり父さんのつたない文章力でこの偉大な漫画の魅力について語るのはやはり無理があった…。)


ずいぶん前に、父さんのことをよく知る友人たちに父さんのイメージについて聞いたことがある。その時彼らから出てきた言葉には、「負けず嫌い」とか「あきらめが悪い」とか「火事場のクソ力」という言葉がとても多かった。

小学校で水泳やサッカーをやっていた頃は「言い訳のかたまり」のようだった父さんが、こんな言葉で特徴づけられる性格になったのも、スラムダンクの影響が大きかったのかもしれない。(今の父さんを知る人たちは、どんな言葉を選ぶだろう。ちょっと興味ある。)


もちろん、どれだけあきらめずに頑張っても、負けず嫌いさを発揮しても、どうにもならないことも人生には多い。(人間関係、特に恋愛はその典型かもしれない)。

あきらめられないことで、幸せになれない人もいるだろう。間違った方向に努力してしまうことで、貴重な時間を無駄にしてしまうこともある。

なので、父さんは軽々しく「あきらめるな」とは言えない。

ただ、「あきらめちゃいけない時もある」そして、「あきらめないことで学べることがある」

と言うことは、自信を持って言えると思う。(あと、「スラムダンクは読もう」ということも。)


YとLには、ここぞ!と言う時に、あきらめず、粘ちっこく勝負にこだわれる男になってほしいな。


※15~44歳の男女を対象とした調査における「印象に残っている漫画キャラクターのセリフ」で1位に選ばれている。(NTTレゾナント「マンガに関するアンケート」2012/5/29)
スポンサーサイト



  1. 2013/06/29(土) 09:36:38|
  2. life
  3. | trackback:0
  4. | comment:0
<<「習慣化」という方法 | ホーム | 「決める人」の孤独について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://peacefulvoyage.blog106.fc2.com/tb.php/381-ea3d61a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)