FC2ブログ

be the change

ネット生保で働くなんちゃってトライアスリートが子どもたちと話したいこと

人に迷惑をかける

ブログ再開後、1本目のエントリーを何にしようか考えていたら、おもむろに次男Lが泣きだし、コアラ抱っこのためしばし思考中断。それにしても、Lは長男Yに比べて、意志がはっきりしているし、泣き声もデカイ。

今日は君たちのおばあちゃん、つまり、父さんのお母さんの口ぐせについて書こう。

母の口ぐせは、

「人(他人)に迷惑をかけないようにしなさい。」(迷惑をかけなければ、何にでも挑戦していいよ)

だった。というか、説教されるのは、本当にこの1点だけだったようにも思う。

中学の時はバスケットボール部のキャプテンだったのだけれど、「遅刻して仲間に迷惑をかけてはいけないよ」ということで、集合時間の少なくとも30分前には到着するように家を出る(追い出される)のが普通だった。

サッカー日本代表の長谷部選手がその著書「心を整える。」の中で、”1時間前集合”というマイ・ルールについて書いていて、「そういえば、そんな時もあったなぁ」と(僭越ながら)親近感を感じた。


転機(?)は大学1年の終わり。バングラデシュのNGOで海外インターンした際に、平気でミーティングをすっぽかし、30分~1時間遅刻するのが普通の生活(文化の違いだけでなく、インフラの未整備と慢性的な渋滞のため、到着時間が本当に読めない)に、最初は耐え難いストレスを感じながら、時間の経過とともにすっかり毒されてしまった。ちなみに、その感覚は大学卒業後に最初にはたらいたインドでの生活でさらに強化されることになる。

時は流れて2010年頃だったか、twitter経由で

インドでは、「お前は人に迷惑かけて生きているのだから、人のことも許してあげなさい」と教える
インド人から聞いた『ちょっと深い話』より)

という話を知って、なるほどと感心した。


さて、この二つのメッセージは、相反するようにも思えるね。君たちならどう考えるだろうか?


父さんは、「人に迷惑をかけないように心がける」ことも「自分に迷惑をかけた人を許す」ことも、自分以外の人の価値観や生き方を尊重するという意味で、ほんとうは同じことなのではないかと思う。

ちょっと難しい言い方だったかな。もう少し簡単に言うと、「自分が迷惑をかけた/迷惑をかけられた相手の立場だったら、どんな気持ちになるだろう?」と、少しだけ想像してみようよ、ということではないかと思う。迷惑をかけられて喜ぶ人も、好んで人に迷惑をかける人もいないはずだよね。


もちろん、ただの怠慢で人に迷惑をかけるのは、日本であろうとインドであろうと、もってのほか。

君たちが大きくなって素敵なガールフレンド候補を見つけたら、最初のデートくらいは30分前到着をオススメしたい。第一印象を与える機会は、文字どおり一生に一度きりだからね。

スポンサーサイト



  1. 2013/04/28(日) 08:46:04|
  2. life
  3. | trackback:0
  4. | comment:1
<<直感と信念と歯がゆさと | ホーム | restart (blog再開)>>

コメント

他人に迷惑をかけないことは当たり前のこと、YとLには人に与える精神を持って欲しいと願います。不自由なく育ったくせになにが分かるのさ、と思われることがあるかもしれないけど、やはり奉仕の精神を基本にして欲しい。
  1. 2013/06/20(木) 12:30:07 |
  2. URL |
  3. Mommy #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://peacefulvoyage.blog106.fc2.com/tb.php/376-46a23512
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)