FC2ブログ

be the change

ネット生保で働くなんちゃってトライアスリートが子どもたちと話したいこと

ひげ部

20080831030428
ひげ部(from すごいよ!!マサルさん)入部を推薦したいステキなおひげ。

とある理由から、最近宝塚に興味を持ち始めました。
次回は「宝塚歌劇団と水戸黄門の類似性」について、書いてみる…かもしれません(笑)
スポンサーサイト



  1. 2008/08/31(日) 03:04:31|
  2. life
  3. | trackback:0
  4. | comment:0

スキー焼け?

20080831025008
「マネキンって、べつに白人でなくたっていーじゃん。もっと自然に、もっとカラフルにいこうよ!」って言う、ベネトンらしい「心意気」はステキなんですが…。

どーしても、スキー焼けに見えてしまうのは僕だけでしょーか…。
  1. 2008/08/31(日) 02:50:11|
  2. life
  3. | trackback:0
  4. | comment:0

自助論


スマイルズの世界的名著 自助論 知的生きかた文庫スマイルズの世界的名著 自助論 知的生きかた文庫
(2002/03/21)
サミュエル スマイルズ

商品詳細を見る


著者が丹念に集めた、有名・無名の先達たちの「自助」の記録。巷の自己啓発本と一線を画す理由はその作業にある。味わうには、歴史の勉強も必要か。

・「われは道を探す。道なくば道をつくる」(古代スカンジナビア)
・ビジネスを成功させる六つの原則:注意力・勤勉・正確さ・手際のよさ・時間厳守・迅速さ
・鋭い直観力、断固たる意思、如才なさ-この三つの資質は、戦場で軍を率いる将軍のように大勢の部下を指揮する人間には不可欠である(中略)そのため将軍には、あふれんばかりの機知と人間の性情についての深い知識、そして全軍の動きを把握する能力が要求される
・ビジネス上の取引においては、言行一致を基本にすえなくてはいけない。軍人には名誉、クリスチャンには慈悲心が大切なように、商売人や製造業者にはこの言行一致が何よりも重要だ
・「克己心を教えてくれる教育は、それが最悪のものであっても、克己心以外すべてのことを教えてくれる最良の教育よりはるかにするれている」(ジョン・スターリング)
・「節約は思慮分別の娘であり、節制の姉、そして自由の母である」と言えるだろう。要するに節約とは、自助の精神の最高の表現に他ならない
・人生の最高の目的は、人格を強く鍛えあげ、可能な限り心身を発展向上させていくことである
・「神は人間を世界に送り出す際、苦労を惜しまなければどこにでも届くほど長い腕を与えた」(チャタートン)
・われわれは、鉄を熱いうちに打つだけではなく、鉄を熱くなるまで打ちつづけなくてはいけない
・「慎み深く正しい自尊心は、立派で有意義な業績を生む土壌であり源泉である」(ミルトン)
・「常に良心が命じる義務を果たし、結果は天にまかせよ-これが幼少のころ両親から受けた教えだ」(アースキン)
・「顔を高く上げようとしない若者は、いつしか足もとばかり眺めて生きるようになるだろう。空高く飛ぼうとしない精神は、地べたをはいつくばる運命をたどるだろう」(ディズレーリ)

  1. 2008/08/31(日) 00:05:40|
  2. book
  3. | trackback:0
  4. | comment:0

航平フィーバー

uchimura
ロサンゼルスオリンピック以来、24年ぶりに体操個人総合で日本にメダルをもたらした内村航平選手。
北京オリンピック始まってからも仕事でドタバタしていて、結果だけネットでチェックする状態が続いていたのだけれど、今夜はたまたま早く帰ってテレビをつけて、内村選手の銀メダルまでの波乱の道のりに感動。特に、最後の鉄棒の思い切りのよい演技と、終わった後のさわやかなコメントにかなり元気をもらいました。
同じ「航平」として、種目別も引き続き応援します!がんばれー!

内村選手の活躍の模様はこちら

もっと知りたい方はこちら

ロサンゼルスで金メダルを取った具志堅選手は、現在は体操の北京オリンピック男子強化本部長なんですね。師弟ドラマ。

ちなみに、具志堅コーチの「堅」って、僕の苗字の一字でもあります。


…だから、どーってことはないんですけど。ハイ。
ちょっと「出会い」を感じたりするわけです、こーゆーしょーもない理由で。B型なもんで。
  1. 2008/08/15(金) 01:22:44|
  2. life
  3. | trackback:0
  4. | comment:2

ヴェニスの商人の資本論

ヴェニスの商人の資本論 (ちくま学芸文庫)ヴェニスの商人の資本論 (ちくま学芸文庫)
(1992/06)
岩井 克人

商品詳細を見る

ずいぶん長いことかかって読了。読み始めて、休み休み、半年くらいかかったんではなかろうか。
一番最後の「十冊の本」という一節が、何故か一番記憶に残った。
恥ずかしながらその「十冊」、一冊も全部通して読んだことありませんでしたorz

で、アマゾンでとりあえず探してみて萎える。「十冊」っていいながら、上下巻とか分冊合わせたら30冊位になるし…。うーん、遠い道のりだ。



「あれは本当に良い時代だった。読書するのにはっきりとした目標が定まっていたのだから。なにしろ、百冊読めば正真正銘の「知識人」となることができたのだから。もちろん、この場合「知識人」という肩書の前に、「岩波」という形容詞が付くのだけれど。

  1. 2008/08/15(金) 00:55:20|
  2. book
  3. | trackback:0
  4. | comment:0
次のページ